★ハーブシャンプーについて知りたいあなたはこちらから♪健康で美しい髪の毛をゲットしよう!★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

悪夢・・・PARTⅡ

最近お疲れ気味なニノです。



疲れてるせい、と思いたいのですが。。

また、悪夢を見ました~(>_<)




何度か悪夢にうなされて真夜中に目を覚ますと言う体験をしてきている私ですが
今回はキョーレツでしたわ。。。


私が見る夢は常にカラーです。
今回もフルカラー&フルスペックハイビジョン。
そして香りつき(゚ω゚;A)
音声もかなりリアルで、目が覚めた後もしばし夢か現実か、戸惑う程クオリティが高い夢なのです。。。

それなのに、1時間も経つと夢の詳細なデータは消去されたらしく、
こうして記事にしようと思ってもあまり思いだせないというこの不思議さ。

こういうのは、今回が初めてかも。

いつもは凄くはっきりと覚えてるのになぁ~((+_+))

でも、思いだせる範囲で書いてみます。

私がとある宗教?セミナー?に、騙されて参加してしまい、
どういう訳か途中から登場した長女にも悲しい思いをさせてしまうという辛い夢でした・・・

私はなんらかの理由で、湖の近くの荒れ地?グラウンド造成中?みたいな赤土が削られたり盛られたりしてるような場所に居ます。
(宅地造成中の土地を思い描いて戴くと良いかなぁ)
そこで誰なのかわからない男性に、とある催しに参加すると、住宅購入の頭金がもらえるって話を聞くの。
私は疑ってるんだけど、何故かそれ程仲良くないママ友&その子供と一緒に、それに参加しようって話になってる。
で、その荒れ地をママ友&ママ友が押してるベビーカーに乗った2才児と一緒にどこかに向かって歩いてるんだけど、途中にプール付きの豪邸やらが建ってるの。
で、荒れ地も他の豪邸を建設するために造成してるってママ友に教わる。
プール付きの豪邸はママ友のお姉さんの物で、現実でもママ友のお姉さんは、ご主人が会社の代表をやっていて、その会社はママ友含む一族経営な会社。ここが現実とリンクしてる。
ただし現実では私はそのママ友とも、ママ友のお姉さんとも個人的に仲良しと言うわけではないけど、少年団関係でよく顔を合わせるし、結構おしゃべりもするという間柄。
で、夢の中のママ友のお姉さんの豪邸を見ながら、ママ友が、
「ここまでするのに、大分寄付したらしいよ。まぁ、姉は力あるから~¥」
みたいな話をしてる。私も、現実でも裕福なママ友のお姉さんの事を夢の中でも同じイメージで思い描いている。

で、ママ友はベビーカーの2才児が末っ子で、上に2人いる3人の子供のお母さんで、私と同じような家族構成。
そろそろ一戸建てが欲しいよね、っていう事になり、前述の何らかの催しに参加する。


その催しが何なのか、どんな場所だったのか、覚えてません。


でも、凄い人数がいて、列にちゃんと並んでないとヤクザみたいな男たちに脅されるっていう恐怖感を持ってる自分がいる。

催し物に参加した後、裏路地みたいな所を通って帰りのバスに乗るんだけど、その裏路地?ビルの裏口?みたいな所にドアがあるんだけど、そのドアの前を通る時に凄く生臭い匂いがした。
私は吐き気と目まいに襲われ、気分が悪くなる。
これがどこかでかいだ事がある臭いなんだけど全然思いだせない。

私は自分の車で帰りたいと思うのと、猛烈な吐き気と目まい、そして催しに参加した人が全員同じバスに乗るのが不安になり、列からはみ出そうとするんだけど、私の後ろに並んでる男性に、ちゃんと列に並んで前に進むように注意されて仕方なくバスに乗る。
バスに乗る時、姉が黒っぽい車に乗って現れる。姉に助けてもらおうとうするんだけど、姉も何かに拘束されてるような感じ。目で合図をして、今は何も言ってはいけない、って感じになる。
姉は車の助手席に座っていて、後部座席には親指を立てた手のイラストがデザインされた紺色のTシャツを着た女性がいて、私達を冷たい目で見ている。
ふと周りを見渡すと、同じTシャツを着てる人が沢山いる。
その人たちは、皆を監視する役割の人らしかった。
紺色のTシャツの人たちは、事務的で感情がないような雰囲気。

バスに乗ってしばらく行くと、私の実家のある方にバスが向かっているのがわかりちょっと安心する。
姉の事が気になるけど、携帯でメールしてみると返事が返ってくるのでそれもちょっと安心。
でも、バスの前方に、長女がふらふらと歩いてるのを発見。
白っぽいナイロンのパーカーに、グレーのアディダスのハーフパンツは、現実でも長女が春~秋にかけて良く着ているものだった。
でも、靴ひもはほどけ、髪の毛も乱れ、外は雨が降っている。
車が通る道路を、フラフラと、でも、必死に歩いている。

長女は私とは別に子供用の催しに参加させられており、帰りもちゃんと車で送って貰える約束だった。
子供用の催しがあった会場から実家までは30キロ位ある設定。
長女を見つけたポイントは、会場から20キロ位あると思われた。

でも、長女は必死に疲れて足を引きずって歩いている。
私はとっさにバスの運転手にバスを止めて、と、頼み、バスが止まる。

バスのドアが開き、私がバスの中から長女を呼ぶと、長女は私を振り返る。


「どうして歩いてるの?!そんなに疲れて…!」

と、私が叫ぶと、長女の顔はは見る見る歪み、泣き顔になる。

「乗せてもらえなかったから・・・」

長女は私を見て、おかあさん、助けて、と言う。
私は長女を助けようと手を差し伸べるけど、その時私は声を上げて泣いていた。
そして、自分が一戸建て住宅の頭金に乗せられておかしな催しに参加した事を後悔してる。




と、




ここで目が覚めました。


目覚めたとき、私は泣いていて、まだ生臭い嫌な臭いが鼻についてるのか、吐き気がしていました。

携帯で時間を確認すると、午前3時07分でした。





こうして書いていても泣きそうになるくらい嫌な夢だった。

夢の中に出てくる変な催しは、悪いやくざが主催してるみたいなの。
で、その悪いやくざの親玉を私が目撃するんだけど相手は気がついてない。
皆騙されて催しに参加させられ、変な宗教に入れられる感じなんだよね。
でも私や姉は、(姉も職場の同僚に無理に連れてこられたという設定)常に誰かに監視されてる状態。
現実で私は宗教の集まりやセミナーの類には誘われても断ってきてるし、一戸建ての頭金がもらえる催し物なんてあるわけないんだよね。

以前にも、宗教施設に閉じ込められると言う悪夢を見た事がありました。
その時にかいだ臭いだ、と、さっきこれを書いてて気が付きました!
生臭い匂いは、前に夢で見た?嗅いだ?匂いで、多分、死臭だと思います。

子供の頃に、俗に言う

”ドザエモン”

を至近距離で見てしまった経験があるのですが
その時の匂いでした。


私の見るリアルな夢では、常に”匂い”がカギとなってるような気がします。

家族に悪い事が起きなければ良いのですが・・・


ちなみに、以前宗教施設に監禁された夢を見た時は、特に何も起きませんでした。
ただ、気になったので母や姉に話して先祖の菩提寺にお参りに行きました。

今回も、お参りに行った方が良いかなぁ・・。



こう言う事に詳しい方がいたら、ちょっとした事でも良いので是非ご意見やご感想をコメント欄よりお寄せ下さい。


せっかくの日曜に、気持ち悪い記事ですみませんでした(^_^;)

タダの夢・・とは思いますが

あまりにも五感をフルに活用してるリアルな夢故に、悪い事が起こる前兆?とか、変に気になってしまいました。


スポンサーサイト

2010年03月14日 | | こめんと 3件 | とらば 0件 | とっぷ

悪夢

さっき、悪夢を見て飛び起き、目が醒めてしまった。


起きると汗はかいていなかったけれど凄く暑くて、ストーブが全開になってるのかと思うほどだった。



「悪い夢は誰かに話してしまった方が良い」



と、何処かで聞いた事を思い出したけど
家族は全員寝てるんでブログ更新・・・^^;




↓悪夢・・・






私は実家のリビングに居る。

実際の実家とはちょっと様子が違うんだけど設定は実家で、リビングは2階にあるという設定。



外は真っ暗で、私は外を眺めてるんだけど、気持ちの中で何かをしなくちゃいけないと思いながらも外を眺めてた。

暗い窓の外に、死んだ母(実際は生きてる)と次男が浮かび上がる。
二人とも真冬の装いで、母は黒いオーバーコートに自分で編んだ薄いグリーンのモヘアの帽子をかぶり、次男は赤いワンピースのスノーコンビを着て母に手をひかれている。

次男は満面の笑顔なのに、母は笑顔だけど涙でほほをぬらしている。

私がビックリしていると、母が言う。


「ニノに、〇〇(次男の事)の姿を見せてあげたかったの。」


そう母が涙ながらに言うと、二人の姿はスッと消えてしまう。

呆然とする私のところに父が2階から眠そうな目をこすりながら降りて来た。
私が今あった事を説明するけど、父はいまいち信じてくれない。
姉が急に現れるけど、私に疲れているのでは、とか、他にする事があるでしょうと言い、
私は二人の相手をするのが嫌になって次男を探しに外に出る。

私は車を持っていなくて、町じゅうを駆けずり回って次男を探す。

街は、実家のある街。
子供の頃から慣れ親しんだ路地や商店街などを泣きながら次男の名前を呼び、次男を探す。


次男と同じスノーコンビを着た子を見つけると、しゃがみ込んで次男の名前で呼び、返事をしないとその子の顔は赤の他人の顔になって行く。

親子連れの子供の顔ですら覗いて歩き、次男に似てると思うと母親が驚いてるのにもかまわず、その子の前にしゃがみこんで、

「〇〇(次男の名前)?返事してごらん?」

と、聞いてまわった。

それでも次男が見つからないので、私は警察に駆け込んだ。


警察はとあるビルの2階の事務所にあり、中にはデスクがところ狭しと並んでおり、2~3人の婦警さんが仕事をしている。

私が次男がいなくなった事を説明するんだけど、なんと次男の行方がわからなくなったのは1週間も前。
夢とはいえ、わが子の姿が見えないのに1週間も放置してた私っておかしいと夢の中で自己嫌悪に陥ってる。
誰かが見ててくれてる、と、思いこんでいたような感じなんだけど、夢の中では人に預けた事を凄く後悔してる様子の私。

婦警さんに事情を説明すると、

「1週間でしょ?もし、悪いヤツにさらわれて道路の真ん中に放置されたら、1週間どころか2~3時間でお陀仏よね?」
と、同僚の婦警とまるでどうでも良い事のように言われ、私は警察もダメか・・と、その事務所の窓から子供の姿を見つけてまた外に飛び出した。

また街をさまよい、次男の姿を探すけど、涙も枯れ果てた私は疲れ切って家に帰る。



私の自宅は何故か広くて綺麗なマンションで、部屋に入るとガウン姿で髪をクリップでルーズに止めた、飯島愛がいる。
何故か私は彼女と同居してる設定で、夫も一緒に暮らしてる。
夫は仕事が忙しく、次男がいなくなった事を知らない。

飯島愛は丸いスチームストーブの上に丸い鍋を置いて、そこで何かを煮ている。
近くのテーブルに、ホーローの白い入れ物があり、その中に大きなイチゴを削いだようなものが入っている。
そこだけ腐っていたので、生ゴミなんだと理解する。

飯島愛は、良く見ると涙でほほが濡れていた。
大きな木のスプーンで中身をかきまわしながら、彼女は泣いていた。

私は彼女の涙のわけを知っている。
さっき、警察を出る時に偶然警察で事故処理をしてるやりとりを聞いてしまった。

長女の同級生が亡くなったのだ。
病気だったが、自宅で亡くなったので解剖が必要だと言う話を警察でしていた。
クラスの連絡網でその子の死が伝えられていた。
その電話を彼女が受けたと言って、彼女は泣く。
私は彼女を抱きしめて慰める。
実は、次男も行方不明なんだよ、と、私は彼女を抱きしめながら言ったけど、彼女はそうなの・・?とびっくりしながらも力にはなれないと私を突き放す。

私は絶望感に打ちひしがれる。


誰も助けてはくれないんだと思った。
次男を助けられるのは私だけなのに、私にはその術もなかった。

あきらめるしかない・・・?!

私はあきらめたくなかったが、とにかく今は亡くなった長女の同級生のために、お悔やみを言いに行かなくてはと、また部屋を出た。


どうやって行ったのか覚えてないが、私は長女の同級生の家の玄関で呼び鈴を鳴らしていた。
(実際にある長女の同級生の家が出て来た)
ママが玄関を開けてくれたが、ママは涙と絶望で酷い顔をしていた。
そして、そのママは娘を亡くしたのは二人目という設定。
私もそれを知ってるので、淋しいよね。としか言えず、そして次男が行方不明だとママに伝えた。

ママは、うちの子の葬式よりもそっちを探すべきだと私に言ったが、
もし見つからなくても自分を責めちゃだめよ、と、私の手を握った。
私はその手を握りながら腰が抜けて崩れ落ち、号泣する。

ママは、
私は二人の子を亡くしてるからあなたの気持ちがわかるよ。
辛い時は泣きにおいで、と、私の頭をポンポンと軽くたたき、私を慰めた。




私は立ち上がることが出来ず、泣き続けるが、やっぱり次男を探そうと、また街に戻る。

でも、もう疲れが限界で、視界がゆがみ始め、私はこれはまずい、と、自分の家に帰る。

家に帰るとベッドに倒れこみ、そこでもう声も出ないけど涙だけが流れた。




手足がしびれて来て、私も次男の所に行くのかな。。。。と、思った時



暖房が利いてて暑いな・・と感じて、目が覚めた。






目が覚めると、次男が私の隣で寝息を立てていた。

2009年03月09日 | | こめんと 2件 | とらば 1件 | とっぷ

リアルな夢

昨夜はヘナのおかげなのか、いつも寝つきが悪く、ベッドに入ってから1時間は眠れない私には珍しく、ベッドに入って20分ほどで眠れた。
ヘナをすると眠くなるっていう報告もあるんですよね。
私も、ちょっと眠くなるみたい。


でも、明け方にかけての睡眠の浅さは相変わらずのようです。
今朝はとんでもない夢を見ました。


私は小学校のグランドにいて、運動会?陸上記録会?の準備をしています。
転勤して行った先生、という設定で、元彼が登場。
この元彼、恋愛には割と冷めたタイプだった私が、非常に熱くなってアプローチしてたっていう人。
当時付き合ってた彼氏と別れて、彼に振り向いて欲しくて必死だった。

その彼が、何故か今は教師となって夢で私の前に現れました。

で、何かのイベントの準備に、助っ人みたいな感じで手伝いに来るの。
上下白っぽいジャージで、超格好良い。
私はまた気持ちが昔に戻ってしまって、彼も私を見てまた昔みたいにアツい目で私を見てて
2人は体育館の裏で18禁な関係に・・・(^_^;)
その大人なシーンは、夢には出てこないんだけど、そういう設定になってるの。

それで、場面がうつって、私はプレハブ倉庫みたいな所にいる。
寒くて、ストーブをつけようと頑張ってるんだけどなかなかつかない。
それで、彼に助けを求めるんだけど、彼はすぐに来てくれないの。
彼に電話してるんだけど、電話を切ると、場所が何故か実家になってる。

今よりも年老いた父が、下着姿でひとりでウロウロしてて、会社に行くために着替えたりしてる。急いでるようで、私の存在には注意を払ってない感じ。
私は父に、着替えを渡したり、朝食を準備したりするんだけど、父は私の顔を見ない。
でも、私はそれを、
「私がバカだから仕方ない」
と、なんだかあきらめたような、冷めたような気持ちで父を見てる。

実家の居間で、私はまだストーブと格闘してる。
父が車に乗って会社に行くと、彼から電話が来て、私は妊娠したからどうすれば良いか相談したい、って事を彼に言うの。
そうしたら、彼はすぐに来てくれて、昔付き合ってた時に彼が乗ってた車で私を迎えに来る。
途中でコンビニによるんだけど、そこでレジを打ってるのが何故か娘。
しかも、店長に凄いこき使われてて、私が怒るんだけど、娘は黙々と働いてて、こっちも私に注意を払ってくれてない感じ。
彼に促されて私はコンビニを出るんだけど、娘が可哀そうだと車の中で号泣してる。
彼が運転しながら私の背中をさすってくれて、慰めてくれるんだけど、その手の感触が凄いリアルだった。

また場面が変わり、私は彼と小学校のグランドに居る。
彼は、お前は妊娠してないって校長先生に言われた、とか言ってて、何で校長先生がそんな事知ってるのかも全然わからないまま、私は何かの錠剤を飲む。
その錠剤を飲んで15分後にリトマス試験紙みたいのを舐めると、赤か青に色が変わり、赤なら妊娠、青なら妊娠してないって事みたいで。
リトマス試験紙は青になってて、私が妊娠してない事がわかった。
でも、彼は、私に離婚する勇気もないくせに、俺を誘うなって凄い剣幕で怒鳴ってくるの。
私は凄い申し訳ない気持ちになって、ひたすら彼に謝るんだけど、何故かその時夫が迎えに来るっていう設定になってて。
彼が私をぎゅって抱きしめてて、私は彼から逃れようともがくんだけど、全然離してくれない。
夫が来るのに、やばい、やばい、って思って、彼の顔を見たら、その顔が夫の顔になってた。
それで、私は急に安心して、夫の胸に顔をうずめるんだけど、
夫の体がドンドン細くなっていって、しぼんでしまう。
そこで、ギャーって言う悲鳴をあげる私。



自分の悲鳴で目が覚めた今朝でした。




朝から凄い疲れたよ。。。(^_^;)

2008年10月30日 | | こめんと 5件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。