★ハーブシャンプーについて知りたいあなたはこちらから♪健康で美しい髪の毛をゲットしよう!★
FC2ブログ

韓国に負けて悔しくて鼻血が出そうな35歳専業主婦

やられた。





完っ全に、負けた。







韓国強い。(ーー;)








”負けを認めないと前へ進めない”








以前、イチローがテレビで言ってた言葉です。






日本は、韓国よりも野球では弱いんだと潔く負けを認め、
どうすれば勝てるようになるのか
一から考え直した方が良いのかも知れない。



韓国のチームは気迫が凄い。


そして、またやられた。








マウンドに国旗を立てるパフォーマンス






何で、あんなことするんだろ。



そんなに、日本は韓国に嫌われてるのかな。




スポーツなんだから、もっと紳士的にやって欲しいもんだわ。
そういうのも、日本だけの考え方なのかな?

勝ったら何してもOKっていう考え方もあるんだろうな。
韓国って、そういう国なんだろうか?
私は韓国に行った事がないからわからないけど・・・






今度韓国に勝てた暁には



なんでもなかったかのように涼しい顔をして、グラウンドを後にして欲しい。

決して、同じようなやり方で、相手の選手や国のプライドを傷つけるような下世話な真似はして貰いたくない。




WBCはまだ終わってませんが、私の中では今日の試合で韓国が勝つような事があったら
日本の野球は今後30年は韓国には勝てないだろうと思ってました。
イチローが、前に韓国に対して、そのように発言してましたが
全く逆です。私が思うに・・・

そして、今日の負け試合を見てて、きっと韓国は優勝するだろうと予感した。

事実上、日本対韓国みたいな感じになってきてる。
アメリカやキューバに比べても、韓国は強いと思う。

明日の試合で、日本がキューバに勝てるのかどうかよりも
韓国がこの後どんな試合をするのかって言う方が興味が湧いてきて
韓国の強さの秘密を徹底解剖してやりたい気持ちでいっぱいです。



それにしても、悔しい~~~~!!!!







・・・・この悔しさを静めるため、また夫が貰って来ちゃった豚の内臓をかっさばいてから寝ます。

ホルモンやタン、ハツを包丁で切り刻みながら

ストレス発散できるかもしれないからね・・・




薄暗いキッチンで、不敵な笑みを浮かべながら豚の内臓をかっさばく私を想像して悪夢を見ないように・・
この記事読んだ人は気をつけて。(゜-゜)

スポンサーサイト

2009年03月18日 | 未分類 | こめんと 6件 | とらば 0件 | とっぷ

長男のストレス

夜中にPCを弄らないようにしてたんだけど、最近また夜中に起きてPC遊びしてる今日この頃。
朝は普通に起きてるから睡眠不足なはずなんだけどやたら元気な私^^;



長男とじっくり話をしました。



胸の痛みについてですが、今年に入り急に痛むようになったみたい。
私が前から・・って勘違いしてたのは、違うところの痛みで、それは大したことなかったとの事。



今年に入り、何度か柔道の練習中に胸の痛みを訴え、しばらくハジッコに座って見学してたってのが続いてた。
野球の練習中に痛みが出たのは一度だけで、その時は監督が長男に投球練習をさせた時らしい。
今年からピッチャーとして育てるようなこと言ってたから、きっと体全部使って全力投球したんだと思う。

そういえば、その時は監督が驚いて私に電話をくれたんだけど、私は長女のダンスの会議中で、適当に話を聞き流して(失礼なやつ^^;)電話を切っちゃったの。

その後も、柔道の練習中に主に胸を痛がり、先日の大会では個人戦が全く振るわなかった。

本人いわく、団体戦にかけてた、という事ではあったけど、個人戦の相手が明らかに格下だったのに、自分から転んだような形で抑え込まれて負けた長男に、皆が「やっぱりおかしい」と首をかしげてた。

これはブログに書こうか迷ってたんだけど、実は長男、ずっと夜中にうなされていた。
本人は気が付いてないみたいだったんで、誰にも言わずにいたんだけど、今回の事で夫には話した。

夜中の1時過ぎ、毎晩のように寝言を言い、唸り声をあげて苦しがる長男が心配で、私も夜寝るのが不安になってた。
そして私の悪夢。
どうしようか迷ったけど、長男に夜はよく眠れてるのか聞いてみた。

すると、朝起きるのが辛い、朝起きても全然寝た気がしなくて、学校で気分が悪くなる事があった。
でも、仮病だと思われたくないから誰にも言わなかった、との事。


きっと、何か悩みがあるのかと思って、病院へ行った時に色々話を聞いた。




長男は、先日の柔道の大会では絶対に恥ずかしい試合は出来ないと強く思っていたようだ。

亡くなった先生に、絶対にメダルをお供えするんだと思っていた、と、泣きながら言った。


長男が、先生が亡くなった事で涙を見せたのは初めてだった。


「絶対に、泣かないって決めてたし、絶対に勝つって決めてたから、もっと頑張りたかった。」




車の中で、しょんぼりとうつむいて長男はそう言ってた。

そして、こんな話をしてくれた。


毎晩のように亡くなった先生が夢に出て、長男に柔道を教えてくれるんだそうだ。
長男は寝技を教わるんだけど、先生が胸の上に体重をかけて来て、重くて苦しくて目が覚めるんだそうだ。

そして、先生は夢の中で、とても心配そうに長男を見るらしい。
何も言わずに、心配そうに見る先生に、長男は笑って欲しくて一生懸命先生と稽古をするんだそうだ・・・夢の中で。



でも、自分がうなされていた事は知らなかったようで、普段は夢を見た事は気にしてなかったと言う。
ただ、眠った気がしないって感じていたみたい。

そして、夢も先生も怖くはないと言ってた。


私は長男がうなされていた事は本人には黙っている。



長男は、頑張らないと先生がまた夢に出ると思って、稽古も頑張っていたんだけど、思えば思うほど胸が痛くなった、と、言った。






長男のストレスはこれだけじゃなかった。

野球でも、低学年が監督やキャプテン、高学年の子の言う事を全く聞かない事でイライラし、
その度に全員が集められ、監督のお説教を食らい、練習の時間が少なくなる事で焦り、
年下の子の方が上手いと監督言われてムカつき、練習してもうまくならない自分に腹が立ち・・・



そして、先日失くしたとこのブログにも書いたんだけどね。
長男のグローブ。
仕方なく、高いグローブを買った。(T_T)


その、失くしたグローブが、昨日出て来た。

グラウンドの真ん中辺に雪に埋もれてたのを、重機で除雪してた人が見つけてくれたらしい。
重機を操作していたのがママ友のご主人で、学校に届けてくれた。



私も、長男も、グローブをグラウンドに放り投げるほどイカレテいない。



まだ雪深い北海道です。

グラウンドに雪に埋もれながら入って行くのは子供か犬くらいだろう。

おまけに、グラウンドの周囲には、雪がうず高く積まれてて、余程の意思を持たないとそこへグローブを投げ入れるor埋める事は出来ないはず。


もしかしたら、グラウンドの周囲で落としたグローブが、除雪の人が重機で雪と一緒にグラウンドに落したのかも知れないけど、グローブはグラウンドの真ん中あたりの雪を積んでないところから出てきたそうなので、グローブを拾ってくれた人も、長男が苛められてないか心配してくれた。





長男は、「誰がやったか知ってる」
と、言ったけど、誰がやったかは言わなかった。



普段は仲良しのふりをしてる、と、長男は言ってた。
でも、前にも帽子を焼却炉に入れられたし、上靴をゴミ箱に入れられた事もある、と言う。

不思議な事に、長男はこの事をさして気にしていない。
心底相手を軽蔑してるような口調で、

「つまんねぇことしやがるよな。」

と、鼻で笑っていた。



大切にしてたグローブが出てきたのは純粋に嬉しいようで、
新しいグローブはそっちのけで、古いグローブを一生懸命磨いてた様子が印象的でした。




子供って、沢山ストレスを抱えてるんだなぁと、改めて思い知った。


もちろん、家庭でのストレスも少なくない。

次男が長男が大切にしてるマンガを破いた、とか、
長女が理由もなく飛び蹴りしてくるとか、
長男が疲れていても、私が容赦なく手伝いをさせるとか、
パパが長男に非常に厳しい、とか、好きなテレビを見せてくれないとか・・・・
(チャンネル権はパパなのよ)



確かに私は子供によく手伝いをさせている。
長男は、

「お母さんは一日じゅう家に居るんだから全部やればいいのに」

と、思ってるようだ。



ストレスがあるのはわかるけど、だからって手伝いを全くやらないとか、
勉強をしないってのは違うと思うんだけどね。


私も最近、勉強について長男にうるさく言い過ぎてたので、ちょっと反省。
長女と違い、やるべき事を後回しにしがちな長男にイライラして、厳しく言い過ぎてたかも。




ほぼ毎日、




「テストは100点取りなさい。今しか取れないんだから!」

(中学校に行ったら取れないじゃない・・?100点。)


と、言ってた私。^^;

そのかわり、100点取って来たら抱きしめたりおんぶしたりして可愛がるんだけどな~~(ーー;)








長男のストレス、沢山あるのはわかったんだけど
だからってベタベタに甘やかせばイイかっていうとそうじゃないと思うしね。

この辺のさじ加減が難しい。

ようは、メリハリだなって思った。




そして、大切な事。

私が長男のストレスに神経質になりすぎると、長男はますますストレスを溜める事になる。


これは避けたい。


ストレスって、悪いイメージがあるけど
乗り越えられる適度なストレスがないと、人は成長しない。





今年から4年生になる長男。

成長曲線ってのがあってね、4年生位ってそれが停滞する時期なんだって。
口が達者になったり、体が大きくなったりするから
親も先生も、ますます色々な成長を子供に求めがちなんだけど
4年生位は学力も体力も停滞する時期なので
多くを求めるのは良くないんだって。


長女が4年生になった時、担任の先生が教えてくれました。

私も少し、長男と距離を置いて、離れた所から見守る位の気持ちでいた方が良いかも知れません。

2009年03月18日 | 子供 | こめんと 6件 | とらば 0件 | とっぷ