★ハーブシャンプーについて知りたいあなたはこちらから♪健康で美しい髪の毛をゲットしよう!★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

自分を信じる、仲間を信じる

連休が明けたら、仕事を探そうと思っていたんだけど、
ぼんやりとしているうちに日々が過ぎてしまい、今に至る・・・・。





実は、最近凹んでいてね。



先日、野球の練習試合があったのですが、
ありえないほどの点差で大敗。



長男はセカンドで打順は9番。

全くアウトが取れず、盗塁されまくり。
途中から、キャッチャーも牽制球を投げなくなって、長男はそれにイライラしてるような感じでね。。
でも打球が飛んでくると必死でキャッチしようとするんだけど、
周りの守備の子と息が合わず、なんでもない内野フライをお見合いして落としたり、
せっかく上手にキャッチ出来ても、今度はボールを捕る側の子と息が合わなくてなんでもないキャッチボールすら上手く出来ないような酷い状態。

バッティングも全然駄目で、焦るあまりボール球に手を出して、ピッチャーフライに終わったり、
せっかく塁に出ても、盗塁しようとするタイミングがおかしくて、刺されてアウトになっちゃったり。



今年から、守備が大きく変わり、昨年までライトだった長男はセカンドになり、
セカンドだった子がセンターへ、レフトには新人、ライトは昨年のレフト・・・・
そしてバッテリーは仲が悪く、ベンチの低学年は遊び半分でボール拾いひとつでケンカ。



なんでこんなにまとまりがないチームなのか、親としてどうしたら良いのかわからず、
誰にも相談できずに悶々としていました。



酷い練習試合の数日後に、野球少年団のOBの親たちと夜集まって食事&飲み会の場があってね。
私も誘われて参加したんだけど、練習試合の結果を聞かれて、ハッキリと答えられなくて・・・(=_=)


そしたら、コーチが大きい声ではっきりと結果を言ってくれてね。(゜-゜)

言いにくい事、コーチに言わせて申し訳なかったなぁ・・って反省。



OBのママ達も、あまりそこには触れないようにしてくれましたが・・・


OBとは言っても、下の子がまだ少年団ってママもいてね。
その人と色々話をして、慰め合って、励まし合って、大分元気になりました。




私は、少年団の仕事をさせてもらうのが嫌なんじゃないんだけど
何だか、他のママたちや子供たちと温度差があるような気がしてて、

「ニノちゃんひとりで張り切ってるよね」

と、いつか言われるような気がしてて、自分自身、空回り?してるような気がしてたの。



だけど、他のママたちとじっくり話をしてみると、
他のママ達も、思いはあるし、言いたい事も沢山あるけれど
低学年のママたちや、新入団の子供達の前でそれをすべてさらけ出したら
引かれるんじゃないか、怖いと思われて協力してくれなくなるんじゃないかって思いがあり
集団としての”和”を考えるあまり、本音を語れなくなってる部分もあるって事がわかった。


一人のママが、


「ニノちゃん、全道大会行きたいね。あの頃みたいに・・・」


って言ってくれた。


そんな無謀な事、考えてるの私だけかと思ってたから

(私も長男も全道大会まで行く気マンマンです・・・(゜-゜)めっちゃ無謀ですが)


凄い嬉しくてね。



長男は、1年生の時に出場した全道大会で、準優勝した事が頭から離れず、
いつかは自分もああいう大舞台に立ちたい、勝ち進む喜びを皆と分かち合いたいって思いがあり、柔道と野球のダブルで練習があってきつい時も頑張れたのだと話してくれた事があった。

私は、そんな長男の夢をかなえてあげたい一心で、運動音痴だけど頑張ってノックしたり、
キャッチボールも練習して、どんなに疲れてても自主トレに付き合ってきた。
でも、そんな自分が空回りしてるのでは・・・?
こんなに熱くなってるのは私だけ?
試合に勝ちたいって、子供に勝たせてあげたいって思ってる人は誰も居ないの・・・???


・・・・って、何となく孤独を感じていたのです。


皆、健康増進とか、友達ができるから、とか、足が速くなるとか、そういう目的で野球やってるのかな・・?とすら思い始めていた。
子供がやりやたがってるわけではなく、ママ友同士のお付き合い?でやってるのかな??って思ってしまった事もあった。



だけど、1人でも、私を見ててくれて、一緒に全道目指そうって言ってくれたママがいた事で、私はもっと仲間を信じようと思えました。



親同士の信頼関係がない時、子供同士も信頼関係が築けないのかも知れない。



強かった時代のママ達は、結束が固く、子供達もキャプテンを中心によくまとまっていました。
もちろん、子供同士だから喧嘩もするし、あいつが気に入らないとか、遊びに誘ってもらえないって泣いてる子がいたり・・・・

でも、野球の時は、チームが一丸となってプレーに取り組んでいました。
ママ達も、結束が堅過ぎて、少年団以外のママ達からちょっと怖がられていたようですが、その中に入って見ると皆思いやりがある人たちでした。
どこかのママが体調を崩したと聞くと、そこの家の分もお弁当を作ってきたり、
朝寝坊して遅刻したママがいても、責めたり仲間外れにしたりなんてしないで、次からはモーニングコールしてあげたりしてた。

お互いが、お互いを思いやり、少年団の子は皆我が子同様に可愛がり、叱り、慰めていた。


そんなママ達の思いが子供たちに届いていたし、子供達の勝ちたいという熱意がママたちを動かしていたように思った。






私は、少年団のママたちをあまり信頼してなかった自分に気がついて、愕然としました。
一緒に全道大会へ行こう・・・!そう言ってくれたママは、私を信頼してくれていると強く感じました。


お互いの信頼関係なくして、野球は出来ない。

それは、親も子も一緒かも知れない。




子供に練習しろって言う前に、私が皆を信じようって心に決めました。

裏切られたり、蔭口言われたり、傷つく事もあるかも知れないけど

ママ同志も、指導者の皆さんも、そして子供達を信じて、陰ながらお手伝いしようって今は思っています。





私は、子供の習い事で熱くなり過ぎてる痛い母親なのかも知れません。
でも、この時代に、子供が自分の夢を持ち、そこへ向かって一つ一つ努力を積み重ねること、
仲間の大切さ、人を信じる心の大切さ・・・
それを学ぶためにも(子供だけでなく自分も)涼しい顔してクールぶっていては何も得られないと思いました。

野球と言うスポーツは、一人ではできないスポーツです。

投げてくれたら捕る、捕ったら投げる、エラーしたらカバーする。


そういうのって、人生での人間関係においても共通するなって思うんです。



下手くそでも、努力を怠らずに積み重ね続ければ、それは必ず力になるはず。

ウチの長男は下手くそで、見ていて皆に申し訳ないと思う事ばっかりです。
だけど、一つ一つ、焦らずにじっくりと練習に取り組み、コツコツと努力を積み重ねる事が長男にとっての宝物になってくれると信じています。



今日の記事のタイトルは、長男が先輩から受け継いだ野球帽のつばの部分にマジックで書かれていた言葉です。
小学生らいし拙い文字で、しっかりと、油性ペンで書いてあります。



私はその帽子を見て、疑い深くて自己保身ばかりで、自分に自信がない私を認めよう、まずはそこからだと思いました。

そしてまたその文字で励まされてもいる自分を感じました。

それで、この決意を忘れないため、こうして記事に書きました。


今日はちょっと真面目な話ですみません・・・

2009年05月29日 | 少年野球 | こめんと 8件 | とらば 1件 | とっぷ

コメント

難しいねぇ・・・。
 
親の温度差は、わかる気がします。
私はたぶん、勝ち負けより体力付けばいいや、ってタイプだから
ニノさんににらまれちゃうかも(笑)。
手を抜け、って意味じゃないんだけどね・・・。
 
この辺は野球よりサッカーチームが多いかな。
学校でやってるのとかは、体力や仲間作りの
チームが多いかも。
本気で上を目指すならちゃんとしたクラブに入れ、って感じで
上手な子は移籍しちゃうみたいです。(^_^;)

2009年05月29日 / みーちゃんママ #-URL編集

みーちゃんママさんへ


> 私はたぶん、勝ち負けより体力付けばいいや、ってタイプだから
> ニノさんににらまれちゃうかも(笑)。

あはは~\(^o^)/
そんな事ないよ~~♪
一人一人、それなりに目的があってスポーツなり文化活動なり
やるんだし、それをどうのこうの言う権利はないと思ってるの。
それに、そういう”無欲な子”に限って、上手だったりするしね(^-^)

何だか、自分が一人で空回りしてる気がしてて、
周りの人たちの気持ちをあまり考えてなかったな・・・
自分の独りよがりで突っ走ってたな・・・
なーんて考えていて、それが悪い方向にむいちゃってたの。
疑心暗鬼?
私がそんなだから、親同士のチームプレーも上手くいかない部分が出てるんだと反省したわ・・・(=_=)
同じように子供が野球をやってるとはいえ、色々な考えの人がいるんだよね。
お互いに尊重し合って、協力し合うって難しいけれど
まずは私がみんなを信じようって思ってね。。。
 
サッカーチームが多い地域はやっぱり子供が多くて、指導体制もしっかりしてるんだろうね。
確か、みーちゃんママさんとこの学校もマンモス校だったよね?PTAとかの活動も盛んみたいだし、良い事だよね♪
野球もね、ホントに上手な子はシニアリーグ(中学校の硬式リーグ)からスカウトが来ます。
(ウチのチームでもスカウトされた子が過去にいたのよ)
でも、小学生のウチはこういう少年団でやってる子がほとんどかな。
小学生の硬式リーグはこの辺にはないので、とりあえず軟式少年団って感じですかね~

ウチの長男は下手くそだし、そこまでやるつもりもないようだけど、
とにかく一生懸命やって欲しい!
負けたとしても、やる気のない、いい加減な試合をして欲しくない・・・
親としてできる事なんて少ないんだけど、少年団の育成会としての仕事はたくさんあるので(@_@;)、とりあえずはそれを頑張って、親たち皆がスムーズに応援に来られて、子供達が安心して野球を頑張れるように影ながら頑張ろうって思っています♪

2009年05月29日 / ニノ #-URL編集

うちは空手やってて、四年間、凄かったよ~
私もやるなら、勝って!ていうタイプだったな~~~
ニノさん所は親子で燃えてるからいいけど、うちはお兄ちゃんに「ほんとは辞めたかったんだ…」と言われてね…

でも、色々なお母さんがいてね~
個人競技だから「うちの子が一番☆」ていう親が多くてね~~

みんな熱いんだけど、熱い故のイザコザが絶えなかった(*_*)

でも、いいママさんもいるんじゃない~~
誰もニノさんが熱くて引かないよ~~~

話せばいいんだよ♪話さないと分からないじゃん(*^_^*)

大丈夫!!元気なお母さん、大好きだよ♪♪

2009年05月29日 / petit藍 #5lgk84PkURL【編集

petit藍さんへ


> 個人競技だから「うちの子が一番☆」ていう親が多くてね~~

こういう親って、空手とか野球とかに限らず、必ずいますね。
ウチは柔道もやっていますが、柔道にもいます。
でも、周りが賢い?のか、スルーしてます。(^_^;)
そりゃあ、みんな「ウチの子一番☆」って思いは持ってるのかも知れないけれど、
周りの人々の支えがあってこそっていう感謝の気持ちをなくしてしまうと
周りの人たちからドン引きされたり、もめ事になっていったりしますよね。。。

> みんな熱いんだけど、熱い故のイザコザが絶えなかった(*_*)

そうそう、こういうのを恐れて、他のママ達はつとめて関心がないようにふるまっていた人もいました。
みんな、とっても良い人達ばかりなんだけど、どうしても私の重いと重ならない、みんなホントに勝ちたいの?!っていう疑問が常に私の気持ちの中にあってね。。。
指導者の方々も、仕事で疲れてるのに一生懸命グラウンドに来て、指導してくれています。
それを当然のように思ってるのかな?子供たちにも感謝の気持ちを親としてきちんと教えてるのかな?って、疑問に思う事も多かったの。

だけど、petit藍さんが言うように、良いママさんが沢山いてくれています。
中には、違う考えの人もいるけれど、皆同じ考えってのも逆に怖いしね~\(^o^)/

> 話せばいいんだよ♪話さないと分からないじゃん(*^_^*)

ホント、そうだよね!
私、どうでも良い事はペラペラよく喋るくせに、大切なこととなると言えなくなってたわ・・・
これからは、皆を信じて、沢山話会って、皆で力を合わせて乗り越えて行きたいって思います♪

> 大丈夫!!元気なお母さん、大好きだよ♪♪

ありがとう~~~(T_T)
すっごい元気が出てきました★
実は、明日試合なの!
強豪チームとの試合なんで、勝てる確率は低いけど、精一杯応援してきます!!!(^_-)-☆

2009年05月29日 / ニノ #-URL編集

私も最初はね、長男をサッカーチームに入れた時は、
男の子だから、外で走り回って、
体力つければいいかな、
楽しくできれば、それでいい。
なんて、思ってたんだけど、
試合を見てるうちに、
長男も受身じゃなく、どんどん頑張って、
レギュラー取れるようになってほしい、
って思ってね、
全然、無理なんだけど、努力はしてほしいなと思って、
最近、時間がある日は、
夕方1時間くらい練習するようにしてます。
本人、いやいやだけど、やるからには頑張ってほしいな~

2009年05月30日 / そら #iDX8.YKsURL編集

そらさんへ

そらさんのとこは長男クンがサッカーやってるんだもんね。
合宿とか頑張ってるようで、良いなぁって思ってましたよ♪
出来るかどうかじゃなくて、やるのか、やらないのか、なんだよね。
”出来る”のは、いつ出来るようになるのかわからないじゃない?
楽しむのはとっても大切だと思うけれど、楽しむためには結果も必要だよね。
”必ず出来る!”って、自分を信じて頑張って欲しいですよね。
出来た時、子供にとってそれは凄く自信につながるもんね。
私も、自分と仲間を信じて頑張るよ~~~\(^o^)/

2009年05月31日 / ニノ #-URL編集

うちの道場でも、強い子の保護者は何事にも積極的だし、保護者が熱心で前向きな子はやっぱり強いです。どんなことでも、特に少年団の間は本人と指導者だけではなく、保護者の協力や理解が不可欠ですよね…
保護者の柔道に対する目的は様々ですが、中には保育所感覚の人もいますよ

2009年06月03日 / 空豆 #-URL編集

空豆さんへ

>保護者が熱心で前向きな子はやっぱり強いです。

そうなんですか・・・・
ウチの子供たちに関しては、柔道も野球も上手でもないし、試合で勝てるわけでもないんだけど、やっぱり空豆さんの言うとおり、少年団って指導者任せにして良い部分と、そうじゃない部分ってあるんだよね。
私は子供を置き去りにして、親の自分だけが先走ってないか
常に迷いながらやっていて、イマイチ自分のやってる事に自信が持てなくてね。
だけど、自分を信じて、仲間を信じてやってみようって今は思います。
私の姿を見て、長男がどう思ってるのかはわかりませんが、親として出来るだけの事はしたいと思っています。少年団の皆が、切磋琢磨して力をつけ、子供同士の友情を大切にしてお互いに信じ合い、思いやりあって育ってくれる事が私の望みです。

2009年06月03日 / ニノ #-URL編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009/06/11 | 売上実績のあるE-BOOK |

【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム

人一倍、トレーニング量はこなしているのに、球速が伸びない…今の指導メニューやトレーニングは、本当に効果的だろうか…もしかすると、このように思われているかも知れません。あなたは、どうすればより速い球を投げられると思いますか?ピッチャーとしての理想的な身体...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。